ハートケア心電図サービス

手のひらで測る心電計。診察にも使える心電図をすぐに受け取れます

◇日本人の死亡原因第2位「心疾患」
2018年度における心疾患による死亡者数は208,210人、1日に約570人の方が亡くなった計算になります。このうち約7万人が心臓の異常による突然死で亡くなられています。
多くの方が定期検診を受診されていると思いますが、「年1、2回の定期健診だけでは、心臓疾患の早期発見は難しい」と厚生労働省から公的に発表されています。
実に、健康診断等で異常とされた方より、正常とされた方のほうが心筋梗塞や心不全等による突然死に見舞われる率が高いという報告もなされています。 また、心臓が原因で突然死された方のうち、約90%は年1回の定期検診では何も異常が発見されなかった方ですが、そのうち約80%の方は、解剖などの結果、心筋梗塞や心疾患が認められています。

◇心電図をもっと身近に・・・
心臓の異常による突然死を減らしたい・・・。 そのために、心電図測定を血圧測定と同じように日常生活に取り入れ、定期的・または異常を感じたらすぐに測定をしてほしい。
また、「測定やデータ送信はできるだけ手軽にできること」「測定結果がすぐにわかること」も大事・・・。
ハートケア心電図サービスはこのような思いから誕生しました

ハートケア心電図サービス3つの特長

簡単操作で測定、結果は電子メールで届きます

測定方法

たくさんの電極を付ける必要はありません。胸または手のひらで心電図測定(約30秒)し、スマートフォンの専用アプリでデータを録音・送信(約30秒)します。カードガードは手のひらサイズの心電計です。端末のボタンは2つだけで、操作に迷うこともありません。簡単な操作で測定・データ送信が可能です。

一般用家庭機器にはない、ワンランク上の測定技術があります

心電図サンプル

測定の結果は、報告書として電子メール で届きます。 心電図自動解析サービスでは、一般の家庭用心電計では難しいとされる心電図の解析所見を行います。報告書には、「(G0)この心電図では問題ありません。」や 「(G3)かなり注意すべき所見があります。」など、6段階の所見コメントと、疑わしい疾患や症状、その部位などをコンピューターが自動分析した、 自動解析所見(約230種類)の自動解析コメントが表示されます。また、基本解析計測値10種類と心電波形も表示されており、医師の診察に役立ちます。 また、報告書メールの送信先は、4アドレスまで登録可能です。

「医療機器として認証。医師の診断に使えます」

心電図サンプル

「医療機器として認証。医師の診断に使えます」この心電図サービスは医療機器として認証されており、医師の診断に使えます。

料金

機器レンタル料金(解析サービス料を含む)
2,980円(税別)/月額
※初回のみ登録事務手数料、保険・保証金10,000円(税別)がかかります

★利用回数の制限はありません(使い放題)
1日に何度心電計を計測しても料金は変わりません。
★万が一故障しても無償で交換いたします
通常使用による故障や、うっかりの落下など軽過失による故障の場合は、無償で機器を交換致します
★初月のレンタル料は無料です
契約した月のレンタル料は無料となります。
※ご契約時に翌月分のレンタル料と契約事務手数料が必要となります

本料金プランはハートケアライフサポートが提供する携帯型心電計CG-2100のレンタルおよびスマートフォンアプリを利用したハートケア心電図自動解析サービスに適用されます。